閉じる

非売品 アンデシン8mmブレス‘チベットの聖職者が用いた聖なる石’ Bande003-天然石 非売品 アンデシン8mmブレス‘チベットの聖職者が用いた聖なる石’  Bande003-天然石

いちばん大切なものを、未来へ









■産地 チベット産
■アンデシン 7.5~8mm玉

■サイズ 内径約15cm 個数24個

※現品のみとなります。
※サイズ変更はクォーツなど他のビーズを足して調整いたしますので、ご希望の場合は備考欄にご記入下さい


アンデシンは2002年にコンゴで発見され、その後モンゴルやチベットなど世界各地で産出され、様々な色があり、赤、グリーン、無色、グレーなど多岐に渡ります。
鉱物としてはモース硬度6~6.5、長石グループに属しムーンストーンやラブラドライトの仲間です。

名前の由来は、宝石の宝庫であるアンデス山脈から産出されるアンデナイト(安山岩)に含まれる長石に多く含まれていたことに由来し、アンデシン大地からのエネルギーを持つ石だと言われています。

チベット産のアンデシンは、「チベットナイト」として聖なる石として大切にされてきた歴史があり、聖職者のみが用いることができた石だそうです。

そのためこの石のエネルギーもまたとても強いスピリチュアルな力があるそうで、高次のスピリットとの交信を助け、ネガティブなものを払いのける力などもあるとされています。

アンデシンは変化と調和のエネルギーを持ち、自己矛盾の開放を助ける石だとも言われています。
現在の自分の状態を再認識させ、人生の歩みを浮遊したような曖昧なものから確かなものへとし、しっかりと生きていくサポートをしてくれることでしょう。

メニュー