吹奏楽はじめるなら、やっぱり国産 ヤマハがおすすめ!

定番のトロンボーンです。



トロンボーンはとても一見同じように見えても実は種類が多い楽器で、操作性や演奏する楽曲、求める音色などによって選ぶのですが、大きくわけて3種類(テナー/テナーバス/バス)あります。

スライドを伸縮させ、管の長さを変えることで音程を切り替える奏法で演奏します。手が短めの方、体が小さい方は、遠いポジションの音ほど早い曲の演奏は大変になります。ピストン楽器などと同じようにスムーズな演奏をするためには独自の技術が必要になりますが、選ぶ楽器によってその演奏がラクになる場合があります。ただし、楽器の特性によってそれが「吹きやすい」かどうかは人それぞれで、楽器の善し悪しでありません。

▽トロンボーンの種類と操作性▽
【テナートロンボーン】
一番安いのがテナー。トロンボーンの基本形で、B♭管です。とてもシンプルな構造で楽器自体が軽く扱いやすいです。ただ、遠くに腕をのばさなくてはいけない音階があり苦労される方もおられます。

【テナーバストロンボーン】
上記テナートロンボーンに、主にF管を取り付けたものです。テナーはB♭管ですが、レバーでF管に切り替えられます。これによって低音域が拡大し、遠くに腕を伸ばさなくても同じ音程が出るしくみです。操作性が向上しますので早いパッセの曲を演奏する場合や体格や経験によってこちらを選ぶ場合があります。ただし、管が増えますので楽器が重くなります。

【バストロンボーン】
B♭管のテナーバストロンボーンを更に太くした楽器で、B♭管では出せない低音域を補うために、音を低くする為の管を1個ないし2個装着し、ロータリーヴァルブにより切り替えをする装置のついた楽器です。管が太い点以外はテナーバスと同じですが、大きい口径のマウスピースを使用することで、低い音がより出しやすくなります。


▽ボアサイズと音色▽
ボアというのは管の円周部分の直径のことで、このサイズの違いで息の量や抵抗感に変化があり、結果音色が変わります。スライドのマウスパイプ側とジョイント側で異なるボアサイズを組み合わせたものをデュアルボアと呼びます。

【細管/中細管】
直径が小さいですので必要な息の量が少ないために吹きやすく、音色は繊細でしっとりとしたものになります。初心者が良いですが、音にスピード感も出ますので、上級者でも高音域を専門に演奏する方に選ばれ、特にジャズ、ポピュラー等には向いています。テナートロンボーンは細管、中細管のものがほとんどです。音量が欲しければ練習を積んで太管の楽器を選びましょう。

【太管】
息の量も必要となり音色・音量ともに豊かで華やかなものとなります。オーケストラの一番奏者向きで、しっかりした息と正しい奏法で吹くと美しく豊かな音が出ますが、技術と体力が必要です。吹ける上級者であれば機能性にも優れ上から下までまんべんなく演奏できます。 


こちらのYSL-354はテナートロンボーンの細管です。上記の通り初心者には一番扱いやすいトロンボーンです。楽器が重くなるテナーバスでスライドの操作性を取るのも手ですが、一番安いテナーバスモデルYSL-456Gは細管ではなくデュアルボアになります。操作性を取るか、吹奏感を取るかどちらかですね。

<安いものとは、ココが違う!!>
■ピッチの安定感...技術力のあるスタッフによる調整によって個体差も少なく良品がお手元に届くことでしょう。
■全体のバランス...安いものはとりあえず楽器というかたちにするというところまでコストを落として製造していますので、後々の微調整や全体のバランスを取る作業で限界が出てきます。各キィでのピッチの不安定さを解消させるためにも調整の幅に余裕のある製品づくりが求められます。
■長くご使用いただけるよう、各部品の品質も良いです。
■誰が鳴らしても「高い楽器なら良い音が出る。」ということではなく、良い音が鳴らせる可能性が広がります。
■安心の日本製。アフターケアも充実しており、部品がないので、対応できない、などの修理トラブルも少ないです。



ただ「安い」を求めることが悪いことではありません。品質や保証、アフターケアを考えなければ、安いにこしたことはありません。

どのような楽器を求め、どういった演奏をし、どれくらいの音楽を奏でたいかで選ぶ必要があります。価格だけに着目すれば、結局「吹きにくい」「音色がいまいち」と感じ、買い換えも検討するはめになってしまいます...。

国内で吹奏楽部、ブラスバンド部に所属している学生さんの定番はヤマハさんやジュピターの製品です。ヤマハは国産のため、海外視野でもかなり人気が高く、日本の技術力、仕上げの良さは世界的にも認められておりメーカーで調整、検品された商品をお客様へお届けしております。

YAMAHA YSL-354 Tenor Trombone Gold
ヤマハ テナートロンボーン YSL354 スライド式

■ 調子 =B♭
■ ボアサイズ = 約12.70mm細巻
■ ベルサイズ = 約204mm(8インチ)
■ ベル = イエローブラス製 /二枚取り
■ スライド 外管/内管材質 = 洋白/■ ゴールドラッカー
■ 付属マウスピース = SL-48S

■made in Japan
※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。

セット内容

■楽器 本体 
■ハードケース
■マウスピース
■保証書
■ポリシングクロス
■スライドグリス...抜差管に塗ることで動作がスムーズに。
■スライドクリーム...スライドに塗り水分を吹きかけることでスライド操作がスムーズになります。必須。
■ポリシングガーゼL...クリーニングロッドに巻き付けてスライド中管と外管の内側の汚れを取り除きます。
■クリーニングロッド...お掃除棒。ガーゼを巻き付けて使用します。

withstyleロゴ
電話番号
問い合せボタン
ホームページ制作
コンテンツマーケティングによる集客支援
ホームページ制作
コンテンツマーケティングによる集客支援
コンテンツマーケティングコンテンツマーケティング

With Style WEB

ホームページ制作サービス

制作初期費用“無料”から始められる
集客強いホームページ制作

ウィズスタイルのホームページ制作は企業様のビジネスの内容をヒアリングし、共にホームページに持たせる目的を決めていきます。 ヒアリングの結果、大半が「課題解決型」と「商品訴求型」のどちらかに分類されます。それぞれの特徴に応じて
・マーケティング的アプローチ
・心理学的アプローチ
双方の視点から設計・ライティングを進め、情報デザインを行っていきます。

フロー
詳細を見る

With Style CAP(Content Attract Package)

コンテンツマーケティングによる
集客支援サービス

リスティング広告に頼らず、ユーザーに有益な
コンテンツの配信
によって集客
結びつけるサービス

ウィズスタイル キャップはコンテンツマーケティングの手法で企業様のビジネスターゲットに向けて毎月定期的に記事コンテンツを作り、見込み客の獲得から商品・サービスの購入へつなげていくための取り組みです。 リスティング広告は、狙ったキーワードに向けて広告表示ができるので、まさに今商品・サービスを購入したいと考えている人にダイレクトにアプローチ出来ます。ただ、クリックごとに予算が消化されていきますので、設定した予算上限に達すると広告表示されなくなります。 一方、ウィズスタイル キャップによって毎月作成された記事コンテンツは蓄積され、Webサイトを閉鎖しない限りWeb上に残り続けます。これはWeb上の資産とも言われ、企業さまのビジネスに有効な記事コンテンツであれば、将来にわたって集客ページとして存在し続けることができます。 また、良いコンテンツはシェアされやすいため、ソーシャルネットワークを通じた拡散も期待できるのです。

書けない、書く暇がない方の為に
記事コンテンツの制作を代行します

ウィズスタイル キャップによるコンテンツマーケティングでは、見込み客の育成や商品・サービスの購買喚起につながる記事コンテンツ作成をお引き受けします。

フロー
詳細を見る
お問い合わせ
電話

Martin 【D-28在庫数日本一フェア】♯2171948 【G-CLUB渋谷】

Roland / SPD-1P ローランド SPD ONE PERCUSSION【YRK】