1. シアリスODフィルムってなに!?   >  
  2. シアリスの有効成分タダラフィル

シアリスの有効成分タダラフィル

シアリスは、タダラフィルという成分で構成されていて、このタダラフィルの含有量によって5mg・10mg・20mgの3種類に分けられます。

では、タダラフィルとはどんな成分なのか。タダラフィルは長時間型のホスホジエステラーゼ5阻害剤であり、日本での適応は、ED、肺動脈性肺高血圧症、前立腺肥大などの排尿となります。ED治療薬にはバイアグラやレビトラなどもあります。どのED治療薬も使われている有効成分は違いますが、3つともPDE−5という酵素に作用し、男性器の正常な勃起を促します。この3つのED治療薬の違いは効果時間です。バイアグラやレビトラ服用してから20分〜1時間程度で効果が表れ即効性があり、持続時間が4〜8時間とされていますが、シリアスの有効成分であるタダラフィルは、ブロック状になっていて体内に吸収されるまでに時間がかかります。なので、シアリスは服用してから効果が出るまでは他の2つの薬よりも遅いですが、効果の持続時間がかなり長いのです。

EDはPDE−5という勃起を促す効果のある酵素が働きすぎると、陰茎内の血流のcGMPという物質を過剰に分解してしまい、これで血流が悪くなり勃起不全が起きます。シリアスの有効成分であるタダラフィルは生体内でcGMPの分解を行っているPDE―5の酵素活性を阻害します。これが陰茎周辺部の一酸化窒素の作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量を増やすことによって機能すると考えられています。

シアリスの服用時に勘違いが多いのが、これは男性器の正常な勃起をサポートするためのお薬なのでシアリスを飲んだからといって勝手に勃起するわけではなく、勃起するためには性的な刺激や興奮が必要になるんです。